健康の運動エネルギーづくり

健康になる為には運動(運動エネルギー)は元気なカラダ作りをするには欠かせきれない事なんです

運動してホントに健康になれるの???


どうして運動しても痩せない人がいるのでしょうか?

ダイエットするにはエクササイズをしなければならないののは常識で新陳代謝を活発にして痩せやすい身体作りが大切です。

でもエクササイズをしても痩せなかったり、太りやすくなったりする人もいます。

痩せるためにはエクササイズだけでは駄目なのです。

食べてしまったカロリーをエクササイズをして落とすのは駄目です。

摂取カロリーが消費カロリーを越えてはいけないのは当然です。

エクササイズをしてもダイエットできない人の大部分は食べ過ぎです。

摂取している分をエクササイズで消費する分を越えてしまっているのです。

での食べ過ぎたカロリー部分以上をエクササイズで稼いでいても痩せない人もいます。

それほどエネルギー代謝のメカニズムは単純ではないのです。

「何を食べたのか」とか「どういった運動をしたのか」というエクササイズや食生活の内容も大切です。

カロリー計算は参考にはなりますが確実な数字ではないのです。

エクササイズをすると消費カロリーを稼げていなくても何となく達成感を感じてしまいます。

エクササイズしてカロリーを消費しちゃうと、身体のメカニズムによって「カロリー摂取をしなさい」という欲求が湧いてきます。

エクササイズをした――こうった安心感もありますし終わったあとの達成感はダイエットするために抑圧していた欲求を呼び起こしてしまうのです。

運動することによって消費する部分は大抵が糖質になりますから、エクササイズ後は糖質が欲しくなってきます。

「ご飯」「パン」「麺類」「お菓子」をついつい食べ過ぎてしまいます。

そして糖質が多い清涼飲料水を多く飲んでしまうのです。

エクササイズによって体脂肪は燃焼しますが、痩せることができなかったりリバウンドするのには理由があります。

それは運動不足よりも<食生活の乱れ>なのです。

ダイエットに失敗している人はエクササイズだけに夢中になり食事の問題を無視しているからです。

生活リズムを崩してまでエクササイズをするのはデメリットしかありません。

フィットネスクラブに行ったら大抵は3時間ほど滞在するでしょうが、ダイエットのためのエクササイズはストレスになりやすいです。

3時間の時間をキープしなければならいないことがストレスになるのです。

結果、長続きするはずがありません。

ウオーキング程度で充分です。

適度なエクササイズは健康にはいいですが、楽しくできないならば無駄です。

それよりも食生活を改善するほうに力を入れましょう。

 

人気のゼニカルジェネリック

これからの痩せカラダ作りを目指すアナタへお届け致します。

ゼニカルをお求めならコチラ

食べても食べても太らないと言われているゼニカルジェネリックをお求めの方は下記参照してみて下さい

 

 

運動に関する3つの間違い!

体重を落としてスリムなスタイルを目指す人は食事療法と同時にエクササイズとして運動をするケースもあるでしょう。

ここでは、運動に関する3つの間違いを解説します。

1番目は<運動中に水分を摂取していけない>は間違いです。

水分補給はとても大事です。

夏場の屋外はとても暑いです。

運動すると汗もかいて余計に暑くなりますからついつい冷えたお水を飲みがちです。

身体に良いのは常温の水道水程度の冷たくない温度の水がいいでしょう。

冷えたお水はのど越しが良いですが、内蔵には負担があるのです。

――では、水分補給の2つの注意点をご紹介しておきます。

・こまめに水分補給をすることで、一度に大量の水分を摂取しても身体で処理しきれません。

・イオン飲料やスポーツ飲料はミネラルや糖分も補給できますが濃すぎるものは半分に薄めると吸収しやすいです。

2番目は<運動によって脂肪が燃えるには20分以上継続すること>は間違いです。

運動の合計時間や運動の強さが同じという条件では、継続しようが何回かに分けようがほとんど同じです。

逆に条件によっては、数回に区分して運動して少し休憩を入れた方が運動効果が向上するという研究発表もあります。

多忙で、まとめてエクササイズできない人には耳よりな話です。

運動ではありませんが、日常的に座っているよりもできるだけ立つ方がいいでしょう。

座っているよりも消費カロリーは2倍になるとされています。

3番目は<運動する前のストレッチは入念にしなければならない>は間違いです。

筋肉や関節を柔軟にする目的がストレッチにはあります。

エクササイズ前に柔らかくなりすぎると怪我の原因になります。

ですが何もしないでエクササイズをするのは、これまた怪我の原因になります。

エクササイズをする前は柔軟体操程度で<身体をほぐす>程度にしておくことをお薦めします。

「ジョギング」や「ウオーキング」など下半身が中心の場合は、足首を回したりジャンプする体操で身体をほぐしましょう。

入念なストレッチをするのは運動後です。

 

緊急時の避妊薬をアナタへ

もしかしたら..妊娠しているかも..とならないように事前に携帯しておくとよいでしょう。

避妊薬をお求めの方はコチラ

安心できる超低用量から緊急ピル薬など用途に応じてご購入できます

 

健康になれるジョギング法

1日たった5分のジョギングをするだけで健康になるようです。

健康オタクで有酸素運動をしている人もいるでしょう。

そんな人は<やればやるほど良い>と思います。

そして、ついつい無理をしがちです。

けれども、もっとリラックスしていいようです。

今回アメリカで発表された調査結果は衝撃的です。

「楽しめる範囲」や「疲れない範囲」のジョギングで充分に効果があることが分かりました。

もちろん健康を維持するためには有酸素運動はとても大切です。

特に意義があるのは継続的にジョギングを続けることです。

アメリカ・ペンシルベニア週の循環器系調査研究所によって発表された調査結果は次のようなものです。

・「疲れてしまって心臓が破裂するかもしれない」ジョギングはやり過ぎ
・1週間で合計2時間から3時間程度のジョギングが長寿の秘訣
こういった内容で、これまでのハードルがグーンを低くなったと思います。

簡単に言えば1日5分のジョギングでも充分であるということで、飽きてしまったり疲れてしまったりするよりも、少しのジョギングを続けることが大切だということです。

この調査研究を発表したのは心臓病専門医を中心とする研究チームです。

被験者は18歳から100歳までの55000人。

彼らの健康状況を15年の長きに渡って経過観察をしたのです。

その結果は、年齢や性別や健康状態には関係なかったのです。

1日について5分で1週間合計しても1時間以内のジョギングをしている人たちは、何の有酸素運動をしていない人たちよりも約3年長生きをしているのです。

そして心血管疾患が原因の突然死の比率も極めて低いことが明らかにされました。

これは、先に発表された<1週間あたり32km以上のジョギングは長寿には逆効果である>という内容と整合性があります。

気になるのは「糖尿病」「喫煙歴」「肥満」などマイナス要因を持っている被験者です。

こういったリスクグループの被験者も効果がありました。

毎日少しのジョギングを続けた場合、ジョギングをしなかったグループの人たちよりも心臓発作を発症する可能性は低かった結果がでています。

歩き始めはスローペースで、徐々に早くなって、その後ジョギングになるのが秘訣で継続年数は6年が目安だとか。

 

貴女の目元を美しくキラキラと魅せてくれる

ルミガンをお求めの方はコチラ

有効成分であるビマトプロスト配合のまつ毛育毛剤のルミガンでパッチリした目元を得ることができるでしょう。

Copyright(C)2014 健康の運動エネルギーづくり All Rights Reserved.